浄土真宗本願寺派 大谷山圓勝寺本堂

施設名称 浄土真宗本願寺派 大谷山圓勝寺本堂(エンショウジ)
竣工日 平成27年6月 西暦2015年1月
場所 岐阜県 本巣市金原380番地
建物・大きさ ≪概要≫
木造,入母屋造,流れ向拝付,桟瓦葺
間口9間×奥行8間,東西2間落間付
表:二軒繁垂木     裏:一軒半繁垂木
柱頭装置:出組  広縁柱頭:三ツ斗組
身舎欅柱:7.5角~8.0角 広縁欅柱:8.0角~8.5角
内部欅・杉柱:7.0丸~13.0丸
内陣天井:折上格天井 外陣,柵内:小組格天井 余間:格天井
仕様 ≪修理工事内容≫
①小屋裏補強工事
 ・野桁を含め小屋丸太を全て新規材とする。
②耐震補強及び各部補強工事
 ・薬液注入による地盤改良を行う。
 ・柱脚に関する補強工事を行う。
 ・不陸・建て起こし修正を行う。
 ・耐震壁を設ける。
 ・耐震壁が建物全体に有効に働く補強を行う。
 ・一部繋ぎ材を設ける。
 ・足固めの仕口の弛みを修正する。
③意匠改修工事
 ・屋根瓦を再利用し、空葺きとする。
 ・当初あった降り棟を復元し、雪止め瓦を各所に設ける。
 ・軒反りの修正を行う。化粧垂木・裏板等の部分取替え
 ・内外共漆喰壁の塗り直しを行う。
 ・組物等木口OP塗りを行う。
 ・木部の洗い・防腐剤塗布を行う。
 ・軒先化粧材(茅負・裏甲・切裏甲)を新規材とする。
 ・外陣・柵内の下敷居(9箇所)を新規材とする。
 ・浜縁板・向拝階段・高欄・縁葛・隅扠首を全面新規材とする。
 ・外陣・柵内・内陣・余間の天井板を貼り替える。
 ・畳を新調する(内陣・畳含む)
 ・建具の建て付調整・修理(巻障子・筬戸を含む)
 ・天井吊り直し
 ・電気配線は一旦既設と切断し、修理後に新規材にて整備する
 ・仏具工事は別途とする。(金紙補修・仏具移動等)
 ・亀腹を新設する。
 ・軒樋の新設。
建物種別 本堂
宗派 浄土真宗

この建物を参考にお問い合わせ

企業情報

PAGE TOP